logo

100歳の大往生。

2016.10.11 Tuesday

昨日は、予想外の展開がある一日でございました。

前夜の金婚式祝いを済ませ、日課のモーニングを食べた後

名古屋駅へ向かった夫の携帯に、珍しく義父からの着信が

 

祖母が息を引き取ったとの一報が入ったのです。

 

先の敬老の日に、市から100歳の長寿を祝っていただいた矢先

ベッドから転落して骨折し、ホームから病院を転院し、療養していたところでした。

 

義父は、入会していた葬儀社へすぐ手配を済ませ

わたしたちは、東京行きのチケットを捨てて、町の小さな葬儀場へ向かいます。

おくりびとにより、きれいに整えられた祖母へ焼香させていただくことができました。

 

その間、4.5時間だったでしょうか

第一報から、祖母が安置されるその場所へたどり着くまで

夫は、兄や義父や義母となんども電話で話しては

会場まで行くことができました。

 

祖母は、家族と呼ぶことのできる血縁が、義母ひとりでございますので

家族葬にて見送ると、義父が決めておりました。

これまで、訪れるたびに聴いていた祖母の人生を

義母から改めて聴くことができ

100年の生涯に想いを馳せながら、東京へ戻りました。

 

大戦で戦死した最初の夫との間に生まれた義母。

その後も、ふたりの夫と相次いで死別し、東北で小さなラーメン店を切り盛りしていた祖母。

高齢になり、実子(の義母)の暮らす愛知県へ移住し、100歳にして大往生す。

 

「これで、ようやくラクになったね。」と、言う義母のことばが、

本人やそこにいる私たち全員を救ってくれたようでありました。

20141129

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ