logo

辞書を読む。

2016.10.14 Friday

ふとしたことから、国語辞典に興味が湧いた私は、

紀伊国屋書店でこの本に出会うことができました。

ベネッセ表現読解国語辞典

 

帯にあることばに、辞典らしからぬ響きを感じたのです。

「乾き切った日本語の大地に豊饒の雨をもたらす辞典の発想革命」

と、柳田邦男氏が推薦されています。

 

手に取ってみると、ことばの意味を説くだけでなく

抽象語や多義語の詳しい解説が目に留まります。

抽出されていることばは、どれも、説明してと言われたらことばに詰まりそうなものばかり

 

恥ずかしながら齢50を前にして、

日本語の奥深さや日ごろの自分の適当さを

つくづく感じているのです。

 

辞書を引き始めると、そのことばの意味から無数に広がる世界がみえて

その連想ゲームもまたおかし。

 

あき【秋】

四季の一つ。太陽暦では、ふつう九月から十一月まで。

陰暦では七月から九月まで。

また、暦の上では立秋から立冬の前日まで。

 

というわけで、いまは秋。

ことしは11月6日(日)までとなります。

 

「秋の日は釣瓶落とし」という慣用句に、その様を子どものころ見た井戸に想う。

%e8%be%9e%e5%85%b8

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ