logo

“永い言い訳”を観て。

2016.10.17 Monday

西川美和監督作品「永い言い訳」を観てまいりました。

劇場で映画を観る機会が増えたのは、

夫婦50割引で、1,100円で観られるから。

 

大きなスクリーンに映し出される作品は

やはり見ごたえが違います。

あらかじめネットで席を予約したら、並ばなくてもすいすい行けて

ありがたいことでございます。

 

さて、“永い言い訳”はといえば

じんわりと、しみじみと思い出されるシーンがいくつも思い出されます。

海辺のシーンはまるで絵画のような美しさでした

塾から帰るバスでのシーンは、せつなくて

事故の第一報を受け取った後の幸夫さんの慌てぶりを、引いて映しているのが素晴らしくて

月日の経過を、伸びた髪で感じられるのもまたいとおかし。

 

家族が、ある日突然に亡くなるということは

いったいどんなことなのでしょう。

ここ数年の災害は、それを想像するには十分で

でも、考えようとすると、すぐに頭の中でそれを止めてしまいます。

 

それでも生きていく。

生ある限り生きていく。

 

いまはそれしかないのかな

あることを心から感謝して

img_2217

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ