logo

化粧室に詩を飾る。

2016.11.12 Saturday

ソラでは、化粧室に詩を飾っています。

ほんのときどき、小さな模様替えをするようなつもりになって

本棚にある小物や、窓辺に飾る小物を入れ替えていて

 

化粧室は、ひとり静かに過ごす場所。

読むともなしに、ぼんやりとその詩を目で追いかけていると

なぜだかいつも、違う場景が浮かぶのでした。

 

ことばの持つ自由さなのでしょう

目にしたときの気分や体調、はたまた時間が違うというだけで

同じことばも印象が変わっていくような

 

・・・・・

「白い手」

尾形亀之助 作

 

うとうと と

眠りに落ちそうな

昼 -

 

私のネクタイピンを

そつとぬかそうとするのはどなたの手です

 

どうしたことかすつかり疲れてしまつて

首があがらないほどです

 

レモンの汁を部屋にはじいて下さい

・・・・・

SOR_0012[1]

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ