logo

オードリー・ヘプバーン「サブリナ」。

2017.02.13 Monday

日曜日、久しぶりに自宅での映画鑑賞となりました。

購入してそのままになっていたDVDが何枚もあり、

そのなかから、「サブリナ」を選んでソファに落ち着く。

 

オードリー・ヘプバーンの主演2作目、代表作のひとつ

1954年に公開されたビリー・ワイルダー監督「サブリナ」を堪能いたしました。

 

サブリナパンツや、ジバンシイのドレスに憧れを持っていた20代を

遠い昔のことのように思い出しながら

実業家の兄と、放蕩な弟の間で揺れ動くオードリーを鑑賞。

 

三谷幸喜さんが影響を受けているという

古さを感じさせないビリー・ワイルダー監督のユーモアあふれる演出や

どこからみても完璧な造形と思えるオードリーの圧倒的な美貌。

ハンフリー・ボガードとウィリアム・ホーデンの掛け合いをたのしみました。

 

名作と言われる映画を、掘り起こして鑑賞するのも悪くない。

技術が発展し、生活は便利になったかもしれないけれど

ひとは、根本的には変わらない生き物なんだと思えました。

 

人生は自分の手でつかむのです。恋も同じです。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ