logo

「3月のライオン」で叫ぶとき。

2017.03.20 Monday

羽海野チカ作品といえば、

2006年に公開された「ハチミツとクローバー」。

芸大の学生だったハグを、自分と重ねて妄想に浸ったりしてました。

 

そして、こんどは「3月のライオン」を。

…映画の話ばっかりだ(笑)

 

中学生でプロ棋士としてデビューし、若き天才ともてはやされる桐山零。

演じる神木隆之介さんを、とにかくずっと見続けていました。

 

この物語は、実在の人物を表現していないから

登場人物の過去や現状が、どんなに過酷でもどんなに神がかっていても

ソワソワせずに受け止められる。

それは、「聖の青春」とは違う、エンターテインメントとしての安心感。

 

将棋のことは、わからなくても

そこを戦場に、闘う棋士たちの奮闘は素晴らしい。

「なんもねぇっていうくらい。将棋しかないんだよ――っ」

隅田川の川べりで叫ぶシーンが、いいな。

声を張り上げおなかの底から吐き出して天を仰ぐことも

りっぱな浄化だと思えるから

 

終わったときに見上げた空を、ここに。

今日はまた今日の青空が広がって、どうかよい一日を

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ