logo

ひたすら詩人になりたいと願ったひと、ヘッセ。

2017.03.26 Sunday

ソラには本棚があって、

本を眺めながら、好きな物語や作家など

なんでもとりとめなくおしゃべりするのが楽しみです。

 

昨日は、ドイツ文学を学んできたというお客さま。

ミヒャエル・エンデ作「モモ」や、ヘルマンヘッセの詩について…

学生時代にした読書を思い出し、

懐かしい気持ちになっていました。

 

ヘルマン・ヘッセ。

ひたすら詩人になりたいと願ってノーベル文学賞に輝いた詩人。

(1877-1962)ドイツの抒情詩人・小説家。南独カルプの牧師の家庭に生れ、神学校に進むが、「詩人になるか、でなければ、何にもなりたくない」と脱走、職を転々の後、書店員となり、1904年の『郷愁』の成功で作家生活に入る。両大戦時には、非戦論者として苦境に立ったが、スイス国籍を得、在住、人間の精神の幸福を問う作品を著し続けた。1946年ノーベル文学賞受賞。

 

・・・・・

ヘルマン・ヘッセ詩 高橋健二訳

「書物」

 

この世のあらゆる書物も     おまえに幸福をもたらしはしない。

だが書物はひそかに     おまえをおまえ自身の中に 立ち帰らせる。

 

おまえ自身の中に、    おまえの必要とする 一切がある。

太陽も、    星も、    月も。

おまえのたずねた光は

おまえ自身の中に  宿っているのだから。

 

おまえが長い間  万巻の本の中に求めた知恵は

今どのページからも  光っている、

それは  おまえのものなのだから

・・・・・

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ