logo

「皮膚がこころをつくっている」

2017.04.15 Saturday

資生堂が発行する花椿が、大幅にリニューアルされました。

資生堂グローバルイノベーションセンター主幹研究員 傳田光洋(でんだみつひろ)さん

監修の、肌と触覚の関係に迫る考察に興味を覚えます。

 

-皮膚がこころをつくっている?-

皮膚はこれまで、わたしたちの身体の境界をつくり、外の世界に接触するための媒体であると考えられてきました。皮膚の荒れは体内の疾患やストレスの表れであるなど、あくまで皮膚は身体やこころの「内側」が外に出てきたものである、と。しかし、ここまで見てきたように、皮膚には、さまざまな情報を受け取るセンサーがあり、触覚がそれを活性化する一方で、情動や精神的ストレスなど、わたしたちのこころに及ぼす作用にも、皮膚が大きな影響力を持つことが明らかになってきたのです。(中略)言語化されない、文字どおりの「肌感覚」が、わたしたちの身体やこころのありようを形づくっているのです。(後略)

 

わたしたちが、佐伯チズ氏の主宰する美容学校で学んだとき

皮膚は最大の臓器であり

体内の疾患やストレスが表れるセンサーだと学習しました。

メラニン色素の生成は身体を守っているのだということも

 

この考察は、それだけじゃなく

肌を整えることで感覚も整えられることを示唆しています。

目や耳で受け取るものだけでなく

肌感覚というもうひとつの自覚を、磨いていく。

肌を整えることのたいせつさを

いつもと少し違う視点で気づくことができました。

 

この世界を、たくさん感じて生きていくために

毎日のスキンケアをていねいにしよう。

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ