logo

まだ訪れたことのないインドで。

2017.04.17 Monday

実話をもとに製作され、数々の賞にノミネートされていた映画

ライオン 25年目のただいま」を観てまいりました。

 

<失われた人生探しの先に、彼が目にしたものとは―?
『英国王のスピーチ』の製作陣が贈る、圧巻の感動ドラマ。

2012年、驚愕のニュースが世界を駆け廻った。5歳の時にインドで迷子になり、養子としてオーストラリアで育った青年サルーが、Google Earthと出会い、25年ぶりに家を見つけ出したというのだ。>

 

観る前は、5歳の時にインドで迷子になるというくだりに違和感を覚えつつ

「英国王のスピーチ」がいい作品だったので

夫とふたり、映画館へまいりました。

 

まず冒頭、5歳の少年の、年の離れた兄と生まれたばかりの妹と母との

4人でのインドの暮らしぶりをていねいにみせてくれました。

 

まだ訪れたことのないインド。

人口増加率が17%を超し、12億人のひとが暮らす国。

日本がここ数年自然減少をたどっているのに比べると

その勢いはまさに真逆の大国です。

 

知らずに乗った回送列車で連れられた先は、

言葉が通じない遠い遠い大都市でした。

片田舎で育った5歳の男の子がひとりで暮らすには、あまりにも厳しい環境です。

迷子になったというよりは、家へたどり着く手段が無かったということでしょうか

いまも、インドでは毎年8万人近い子どもが行方不明になっているという。

そのきっかけこそ違いますが、

さまよう子どもも珍しくなかったのだと理解しました。

 

遠く離れたオーストラリアの夫婦に育てられた青年は、

Google Earthを使って生まれ故郷を探し出す。

養子として育てられた養父母への感謝を胸に、

ひたすら自力で、かすかな記憶を頼りに日々探し続ける苦悩に

胸を締め付けられる気持ちで観ていました。

 

いまこうしていられることを

生まれた国やこの環境のことを

とても恵まれていると感謝したくなりました。

 

自分にできることは何だろう

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ