logo

「五月の貴公子」

2017.04.23 Sunday

天を仰ぐように咲く花水木が見頃です。

アスファルトの割れ目から顔を出すように

たんぽぽがぽんぽん咲きました。

土が残っている場所は、いつの間にか野草の絨毯敷きつめられて

桜はあっという間に若葉で全身緑色。

 

風薫る五月に向けて、景色がみるみる変化しています。

 

先日の詩と音楽「眠る前に一篇の詩を。」で、

ブックピックオーケストラ功刀貴子さんが選んでくださった一篇を

+++++

五月の貴公子  萩原朔太郎

 

若草の上をあるいてゐるとき、

わたしの靴は白い足あとをのこしてゆく、

ほそいすてつきの銀が草でみがかれ、

まるめてぬいだ手ぶくろが宙でおどつて居る、

ああすつぱりといつさいの憂愁(ゆうしゅう)をなげだして、

わたしは柔和の羊になりたい、

しつとりとした貴女(あなた)のくびに手をかけて、

あたらしいあやめおしろいのにほひをかいで居たい、

若くさの上をあるいてゐるとき、

わたしは五月の貴公子である。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ