logo

「茶の湯」展にて。

2017.05.30 Tuesday

上野の東京国立博物館 平成館にて開催中の「茶の湯」展へまいりました。

室町時代から現代にいたるまでの名品が、これほどまでに集められたのは

実に37年ぶりだという。

 

もはやこの次は無いという気持ちで、出かけてまいりました。

それにしても、並ぶは並ぶ、数々の名品揃い…

数百年の時を経てもなお色褪せない魅力には、ため息が出るばかりです。

 

館内やや薄暗いような計算された灯りが照らす中

青磁の輝きは一層うつくしく洗練されてみえました。

足利義政が愛した青磁茶碗「青磁輪花茶碗 名 馬蝗絆」

手のひらで咲く花のようなフォルムが、可憐な印象。

足利義政の手にあったとき

ヒビが入ってしまったため、

中国へ替わるものを求めたところ、

もはやこれほど美しい青磁を作ることができないとして

鎹を打って送り返されたと伝わります。

鎹を大きな蝗に見立てこの名がつきました。

 

ひとりひとりの感性に響く一品に出会える、大茶の湯展でございます。

 

東京国立博物館 平成館にて

6月4日(日)まで開催中です。

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ