logo

手紙で伝わるもの。

2017.06.04 Sunday

ことしから、月替わりの詩のカードをお届けしています。

カルテにご記入いただきました折、

DMでのご案内を選んでくださいましたみなさまへ

月に一度のお手紙で、ソラの近況をお伝えしています。

 

制作は、ヒロイヨミ社 山元伸子さん。

詩や歌を選んでくださって

そのことばに似合う紙やインクで一枚一枚刷るところまで。

 

6月は、尾形亀之助作「雨降り」より。

 

青空文庫に、尾形亀之助のことを説明している文章を見つけました。

42年の一生は、1900年にはじまります。

 

詩人は宮城県大河原町の金持の家に生まれ、定職を持つことなく実家からの仕送りで生活をするが、結婚と離婚を繰り返し、晩年には実家が没落して貧困と病に苦しんだ。餓死自殺願望を持ち、行き倒れて死ぬが、それは自殺だったという説もあるらしい。このようにまとめてしまうとすごい生涯だが、当人にとっては自分らしく生きた42年の日々なのだ。と、詩から感じられる。ような気がする。。。

 

そして、もう一篇。

(ヒロイヨミ社 山元伸子さん が編纂された「白の詩集」のうつくしい詩を)

 

尾形亀之助 「白い手」

うとうと と
眠りに落ちそうな
昼――

私のネクタイピンを
そつとぬかうとするのはどなたの手です

どうしたことかすつかり疲れてしまつて
首があがらないほどです


レモンの汁を少し部屋にはじいて下さい

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ