logo

「ただ、水の泡にぞ似たりける。」

2017.06.13 Tuesday

いま読んでいる文庫本「教科書で出会った古文・漢文100」には、

お気に入りのものもいくつか収録されていて

そればかり何度も読み返しては遠くを眺めるを、繰り返しています。

 

方丈記 鴨長明

行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。玉しきの都の中にむねをならべいらかをあらそへる、たかきいやしき人のすまひは、代々を經て盡きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。或はこぞ破れ(やけイ)てことしは造り、あるは大家ほろびて小家となる。住む人もこれにおなじ。所もかはらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二三十人が中に、わづかにひとりふたりなり。あしたに死し、ゆふべに生るゝならひ、たゞ水の泡にぞ似たりける。知らず、生れ死ぬる人、いづかたより來りて、いづかたへか去る。又知らず、かりのやどり、誰が爲に心を惱まし、何によりてか目をよろこばしむる。そのあるじとすみかと、無常をあらそひ去るさま、いはゞ朝顏の露にことならず。或は露おちて花のこれり。のこるといへども朝日に枯れぬ。或は花はしぼみて、露なほ消えず。消えずといへども、ゆふべを待つことなし。

 

そのひとつでございます。

いまから、800年も前の昔々に紡がれたことばに心動かされ

何ら変わらないなあと思うのです。

 

解説には、

―方丈記の名は、住んだ京都郊外の庵に由来する。

方丈とは、一辺が一丈(約3メートル)四方の部屋のことである。

と書かれ、いっそそのくらい何もないほうが、清々するのかなあとも想うのでした。

 

ただ、水の泡にぞ似たりける。

ホーキング博士のことばにもありました。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ