logo

雨の根津美術館。

2017.06.14 Wednesday

雨の降る日の根津美術館は、

敷石や木々が、とても美しく見事でございました。

 

いま、「はじめての古美術鑑賞 紙の装飾」展が開催されています。

 

掛物になった歌や詩は、読めないからと素通りしていましたが、

見事な手仕事でその紙が装飾されていることを

いまさらちょっぴり理解いたしました。

 

金箔や、雲母刷りや引染めなど

いまも残るその技を、しみじみと鑑賞できます。

 

園庭に降りると、しっとりと濡れた敷石が黒く落ち着いた輝きを持ち

しなだれた木々をくぐって歩くのが

都会にいるのを忘れさせてくれるよう

森の中を歩くみたいで気持ちよかったです。

 

梅雨は、梅雨ならではのたのしみを

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ