logo

なつやすみの読書感想文にはぴったりの。

2017.07.26 Wednesday

あれから、篠原勝之さんの描く世界を覗いてみたくなって

小説「走れUMI」を読みました。

小学館児童出版文化受賞作だけに、

なつやすみの読書感想文にはぴったりなスピード感溢れる元気になれそうな物語。

 

*****

かつて捕鯨で栄えた、入り江の奥の小さな港町。僕はお母さんの実家のミカン山で暮らすことになり、生まれ育ったこの町を離れた。一年後の夏、僕は父さんとジイチャン、後ろ足を失くした犬のコロが暮らす故郷の町を目指し、ひとり相棒のマウンテンバイクUMIのペダルを漕ぎ出す。

*****

 

わたしは、釣りをしたことがありません。

なのでその醍醐味も、苦労も、リスクもほとんど想像できません。

ただ、この物語の中では、釣りを自分もしているような気持ちにさえなれました。

 

父と過ごした3日間で大きく成長していく僕。

父と、後ろ足をひきずるコロを救うため

ひとり真っ暗な海と格闘するシーンが大好きです。

 

いい物語に出会うと、

いろいろと感想を言いたくなる気持ちを、思い出せました。

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ