logo

「春になったら苺を摘みに」

2017.08.20 Sunday

広い青山ブックセンターを巡るなか、ふと目が合った本。

「春になったら苺を摘みに」

星野道夫さんが撮影された霜の降りた草木の写真と

題字の色とのバランスが、とても美しくて目に留まりました。

 

梨木香歩さんの文章に初めて触れる好奇心も手伝って

1959年生まれの著者初めてのエッセイを。

 

「理解はできないが、受け入れる」それがウエスト夫人の生き方だった。「私」が学生時代を過ごした英国の下宿には、女主人ウエスト夫人と、さまざまな人種や考え方の住人たちが暮らしていた。ウエスト夫人の強靭な博愛精神と、時代に左右されない生き方に触れて、「私」は日常を深く生き抜くということを、さらに自分に問い続ける―物語の生まれる場所からの、著者初めてのエッセイ。

 

まだ訪れたことのない国、イギリス。

シェイクスピアを生んだ国。

すこし前、日が沈まない国として名を轟かせた覇者。

雨の多い、いつも雲がかかった国。

 

頭に浮かぶこの程度の印象なら、軽々と吹き飛ばす

風が抜けるような文章に

すぐ引き込まれていきました。

 

「できないとどこかでそう思っていても、諦めてはならないこともある。」

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ