logo

新美南吉「秋風之賦」

2017.09.04 Monday

1913年に愛知県で生まれた新美南吉は、29歳で亡くなるまでの生涯に

「ごんぎつね」ほか、1500もの作品をのこしています。

 

新美南吉記念館のサイトに、いくつかのことばが記載されていました。

 

「何でもゆるすこと。何でもうけ入れること。」

 

病で亡くなる少し前に記された日記にあったことばです。

結核がまだ不治の病と言われた時代に、

長い闘病生活の中、どんな日々を送っていたのでしょう

 

まだほんの100年も経っていないのに

29歳という若さで、この世を去った青年の

救えたはずの命を惜しむ。

 

9月の詩のカードは、新美南吉作「秋風之賦」でございます。

 

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ