logo

声で演奏すること。

2017.10.16 Monday

昨日の余韻がまだあって

4人の歌声が頭のなかに残っています。

「祝いのうたは日々のために。」、ほんとうにありがとうございました。

 

声は、からだであり

ひとりひとりに違う波を持っていて

そこにいるすべての波が同時に揺れても

交わるようなもつれ合うような。

 

太田美帆さんのはからいで、

その日のための2声の合唱曲を歌う時間がありました。

初めは、声を出すことに躊躇したひとでさえ

その波をカラダで感じるうちに

目を閉じて歌っていたのを知っています。

 

言葉が通じないと思うくらいに分かり合えないこともある

考えても、理解できないこともある

 

でも、

こうして目を閉じて歌っていると

違うことこそが世界なんだと思えるのでした。

 

森ゆに「祝いのうた」は、雨と休日オンラインショップでお求めいただけます。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ