logo

「東京日和」より。

2017.10.30 Monday

荒木陽子さんの書く文章が好きです。

とくに、「東京日和」に編纂されている“ヒマワリのぬくもり”が一番いい。

1990年1月27日に、子宮肉腫によって43歳に逝去されるその直前に遺されたことばです。

 

-夫はこんな私を慰める為に、いつも大ぶりなイキイキした花束を抱えてやってきた。一抱えもあるような背の高いヒマワリは見事だった。夫の去った後、鮮やかな黄色の炎のようなヒマワリを見ていると、確かにそこには夫の姿やぬくもりが感じられ、私はいつまでも見つめ続けていた。人の思いというのは存在する、本当に存在して、疲れた者の体と心をいやしてくれるんだ、と私はこの時いやというほど感じ入った。涙がボロボロ流れ出してなかなか止まらなかった。(後略)

 

これは、その一部です。

この部分になると、文字がにじんでしまうので

もう何度も読み返しているのでした。

 

昨日の大雨がなかったような青空に

これを東京日和というのかしらと思いつつ

このときの陽子さんは、

きっとしあわせだったんだろうと納得している。

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ