logo

一足早く桜をたのしむ。

2018.02.10 Saturday

冬に咲く桜、啓翁桜を

ことしほど頭に描いたことはありません。

 

ハナノヒト太田瑞穂さんと、和菓子バイヤー畑主税(はた ちから)さんをお招きする会

「お花をたしなみ、おやつをたのしむ。火と水の狭間で」

の、第一回目に選ばれた花材、啓翁桜。

 

いつもならバレンタインデーを前に、チョコレートのことばかり

目に映るわたしですが、

ことしは、花屋さんの前を通ればそれを探し、

梅が咲けば思い出したりしています。

 

啓翁桜は、山形県の特産品。

冬のまだ冷たい時期に花を咲かせる枝花です。

 

枝花なので、花器が無いと飾りにくいと思いがちですが

(そういう私も、これまで部屋で飾ったことがありません)

ハナノヒト太田瑞穂さんは、

ジャムの空き瓶や、コップでもお花をたのしめますよと

言ってくださいました。

 

たのしみです。

啓翁桜を愛でながら、山形の選りすぐりの銘菓をいただくひとときを。

その日のためにお作りいただく別注の、上生菓子もいただけるのです。

 

2月14日(水)15時~/18時~、

「お花をたしなみ、おやつをたのしむ。火と水の狭間で」

お席まだすこしございます。

第一回2/14(水)受付中|お花をたしなみ、おやつをたのしむ。火と水の狭間で

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ