logo

山形は佐藤屋の別注菓子と啓翁桜をたのしむとき。

2018.02.15 Thursday

昨日は、「お花をたしなみ、おやつをたのしむ。火と水の狭間で」の第一回開催日。

おかげさまで無事に終了させていただきました。

ご参加くださいましたみなさまには、

きっといまごろ、桜が開きはじめているでしょう

ここしばらくは、ご自宅での花見をどうぞゆっくりおたのしみくださいませ。

 

それにしても、同じ水で生まれるお菓子と花の相性は

抜群のコンビネーションで目にも舌にも楽しませてくれました。

ハナノヒト太田瑞穂さんは、1.2メートルからなるずっしりとした枝束を

市場から直々にお運びくださいました。

枝花にある表と裏のおはなしは、まさに目から鱗の蘊蓄で

太陽を見つめる蕾たちのこと、一層愛しくなりました。

 

和菓子バイヤー畑主税さんは、佐藤屋 八代目のご主人に、

わざわざ別注の上生菓子を頼んでくださって。

 

じっくりと眺め、舌でゆっくり味わって

お菓子のなまえを考えるだなんて

初めてのことばかりです。

 

次回の水の日開催は、6月13日(火)に新潟のお菓子と芍薬でお届けします。

ぜひどうぞたのしみにいらしてくださいませ。

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ