logo

父との会話。

2018.02.26 Monday

にわかに俳句熱が高まっている自分にとって

思いがけなく父との会話が生まれたのが嬉しいこと。

もちろんこれまでも、何かと言うと電話していたのではありますが

お互いに息災であるかどうかが常なので

声のハリを確認するくらいの短いものでありました。

 

先日は、教本が届きました。

添えてあることばが、誠にわが父らしくて愉快愉快。

子どものころから三日坊主のわたしをたいへんよくわかっている。

 

まあ、決してさらりと読めてはいないが

それでも惹きこまれるに十分な内容で、電車に揺られつ読んでます。

 

辻桃子著「あなたの俳句はなぜ佳作どまりなのか」

 

第一講 正直に。

目に飛び込んできたそれに、こころ鷲掴みにされました。

 

逃げました全焼でした震災忌 さいとう二水

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ