logo

「いつとなくさくらが咲いて逢うてはわかれる」

2018.04.02 Monday

4月の詩のカードは、種田山頭火の一句でございました。

裏面は、淡いピンクの桜色。

わたし自身も、それを受け取ったとき

「あ」と小さく声が出たほどうれしくて

ちょうど街に咲くさくらが、いつもより美しくみえました。

 

種田山頭火

大正から昭和を生きた俳人。

季語や五七五という俳句の約束事を無視し、自身のリズム感を重んじる自由律俳句を詠む。

 

酒を飲み、暮しを友人たちに助けられ

57歳の生涯を閉じたひと。

 

いつとなくさくらが咲いて逢うてはわかれる   種田山頭火

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ