logo

「あおぞらになほ青足せと石鹸玉」

2018.04.07 Saturday

先日の勉強句会で、赤羽根めぐみさんが披露してくださった友岡子郷の一句です。

 

友岡子郷(ともおか しきょう)

1934年、神戸市生まれ。「雲母」で25年間、飯田龍太の選句を受ける。

1957年「椰子会」結成。『友岡子郷俳句集成』(詩歌文学館賞)、

『雲の賦』(俳句四季大賞)など著書多数。

木洩れ日のようなしなやかな抒情を特徴とする。

日本文藝家協会会員。

 

ソラでの勉強句会は、まだ歩きはじめたばかりでございます。

月に一度、火曜の朝に集うひととき

参加者の投句一覧には、名句をひとつ忍ばせて

みな平等に、作者不明のままでそれぞれ選句するのです。

 

この句には、4人が並選、1人が特選をつけました。

その日一番の人気作でございます。

 

選んだ理由を、それぞれが、それぞれの感じたままにおしゃべりし

佳い理由だから、それは聴いてて心地よく

感じ方の違いをとても素直に喜ぶことができるのです。

 

雨降りかと思って起きてみたら

雲はどこかへ行ってしまいました。

 

あおぞらになほ青足せと石鹸玉   友岡子郷

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ