logo

「この花はサクラじゃない。」

2018.05.24 Thursday

なんのコマーシャルだったか思い出せないのですが、

教師が黒板に書いた歌を指して「この花はサクラじゃないぞ。」というのが

頭に残っているのです。

 

歌は、百人一首35番 紀貫之

人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける

 

変わらぬ梅の美しさと、人の心のうつろいやすさを詠むこの歌は、

紀貫之を知ることから読み解いていく。

 

そのころから、歌に花と詠まれれば、それは桜のことでした。

ただ、花の香りとつながっているとき、それは梅がふさわしい

奈良へ参るときの定宿にしていたところへ久しぶりに訪れた折、

そこに咲いていた梅を一枝折って詠んだとされます。

 

ときを経ても、咲く花やその香りは

紀貫之が見ていたものと同じものもあり

なんとまあひとは、泡のようだと思うのでした。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ