logo

「恋は雨上がりのように」

2018.05.28 Monday

大泉洋さん見たさに、「恋は雨上がりのように」を観てまいりました。

小松菜奈さん演じる17歳の高校生が、

ぱっとしない45歳バツイチのファミレス店長に恋をする。

 

原作漫画を読んだことも、アニメを見たこともなかったけれど

大泉洋さんは、ぴったりとファミレス店長さんになってました。

脇を固める、濱田マリさん、清野菜名さん、戸次重幸さんもいい。

 

小松菜奈さんの走る姿がかっこよくて

音楽がいい

神聖かまってちゃん…なまえを、はじめて知りました。

どんなひとたちなんでしょう

 

羅生門の一節を、部屋でひとりごちる店長(大泉洋さん)は

もうそれだけで十分にかっこいいおとなに見えた。

 

―そこで、下人は、何をおいても差当り明日の暮しをどうにかしようとして――云わばどうにもならない事を、どうにかしようとして、とりとめもない考えをたどりながら、さっきから朱雀大路にふる雨の音を、聞くともなく聞いていたのである。(芥川龍之介『羅生門』より)

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ