logo

平安の世もいまの世も。

2018.06.17 Sunday

先日の、「お花をたしなみおやつをたのしむ。火と水の狭間で」で

ハナノヒト太田瑞穂さんと一緒に届いた160本の芍薬は、

今日もどこかで咲いていて。

ソラの芍薬は、こんなにも満開になっています。

 

白さのなかにほんのりピンクの花びらは、

はらりはらりと床に落ち

その花びらさえも美しくて、しばらくそのままにしておこう。

 

芍薬は、平安時代に中国から伝わりました。

薬としても重宝され、美しい花を愛でる貴族もいたでしょう。

それから、たくさんの品種が生まれます。

 

花の命が短くて、なんとかもうすこし花持ちがよくならないかと

研究を重ねてようやく生まれたその芍薬は、

10年の年月をかけて、わたしたちの目の前に姿をみせてくれました。

 

ひとはいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける 紀貫之

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ