logo

「逢ひ見ての後の心にくらぶれば昔はものを思わざりけり」

2018.07.05 Thursday

逢ひ見ての後の心にくらぶれば昔はものを思わざりけり

権中納言敦忠(43番)

 

七夕が近くなると思い出す歌のひとつです。

まあ、偉ぶってひとつですなんて言っていますが、

本棚にあるものから、七夕らしいなと思って

懐かしい気持ちになったというのがほんとうです。

 

歌意は、

恋しいひととついに逢瀬を遂げたあとの切ない気持ちに比べたら、

以前のもの想いなどは、無きに等しいものだったんだなあ…とありました。

 

この時代の恋人たちは、

どんな時間を過ごしていたのでしょう

詠む歌で心を伝え

あとは、ひたすら待ったいたのか

 

このごろは、待つという辛抱がうんと減ったような気がします。

待ち合わせ場所の決め方も、その時間も成り行き次第でどんどん変わる

スマホは暮らしを変えました。

 

果たしてひとは、その変化についていけてるのでしょうか

案外、ひとの気持ちはこのときのままでいるのかも

もうすぐ七夕、恋や夢を抱えてたころを思い出す。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ