logo

ヘイデンブックスという空間。

2018.07.25 Wednesday

厳しい暑さが続くなか

汗をふきふき歩いた先に、扉を開けて待っていてくれる林下英治さん

ヘイデンブックスは二階まで抜けた高い天井が

風を直接感じなくてすむ心地よい空調がうれしい空間。

 

席に着くや否や、氷を浮かべたお茶を一杯

汗がすーっと引いていくのを感じます。

麻生要一郎さんと、来年の企画について打ち合わせをいたしました。

 

二杯目は、ホットミルクとジャズ羊羹をいただきました。

お奨めいただいた田尻久子著エッセイ集「猫はしっぽでしゃべる」は

実在する書店主の日々を綴ったいまの本。

書籍リストに、お気に入りのタイトルが並んでいることもあり

その場で持ち帰ることを決めました。

 

林下英治さんのフィルターを通して並ぶ本と音楽は

いつも、上質な時間を過ごせるような気がします。

音と言葉のヘイデンブックス

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ