logo

声を出しながら治しているような。

2018.10.17 Wednesday

昨日は、月に一度の声のワークショップ開催日。

「目を閉じて歌を歌い、あとは昼餉をなす時間」

うぐいすと穀雨 菜々さんのお昼ごはん担当最後の回でございました。

 

最終回だからと、お店のスペシャリテ、“まいにち”を

まさに湯気立ち上る状態の焼きたてで、ソラまでタクシーで運んできてくださいました。

加えて、おやつにたのしめるたっぷりサイズの焼き菓子を2種類

あとで余韻として味わえる嬉しいおまけも付けていただけて。

 

声をたくさん出して、深呼吸をしたあとの身体に

食パンを手でちぎりながらいただくという体験は

まさに童心に返るようでした。

 

声のワークショップでは、歌詞のある歌を歌うことはしていません。

太田美帆さんが書き下ろしてくださった小さな聖歌を

声に出して身体で奏でる感覚です。

 

声に出して、ずっと声を感じて目を閉じていると

自分で自分を調律しているような

声で自分を治しているような

こころと身体のバランスが整っていくのを感じるのです。

 

部屋でひとりで声を出しても

決してそんな気分にはなれないけれど

ほかのいくつかの声に混じって、声を出しているとき

治っていくような気分になれる。

撮影:TKC

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ