logo

「断片的なものの社会学」

2018.11.11 Sunday

植本一子さんのツイートに惹かれて即買いした

岸政彦著「断片的なものの社会学」を、一気に読み終え

いい文章に出会えた喜びに包まれています。

 

タイトルの表す通り、ひとつひとつは短くとても断片的な語りになっていて

それらがひたすら羅列する一冊は、

そのまま社会のありさまであるかのように思えてくる。

 

なかでも、最も目が留まった一文をここに

―ずっと前に、ネットで見かけた短い文章に感嘆したことがある。こう問いかける書き込みがあった。カネより大事なものはない。あれば教えてほしい。これに対し、こう答えたものがいた。カネより大事なものがないんだったら、それで何も買えないだろ。 おお、これが「論破」というものか、と思った。

 

胸のすく思いとはこのことかとおもう。

 

今日は日曜日。

社会のなかで今日もなんとか生きていく

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ