logo

「ボヘミアンラプソディ」

2018.11.26 Monday

1985年にあったチャリティコンサート「ライヴエイド」の頃、

高校三年生だったわたしは、このひとたちの音楽をまったく理解できなかった。

 

QUEEN  当時ものすごく有名で、テレビでも頻繁に耳にしていたけれど

画面に映るフレディマーキュリーは、

いつも上半身裸で、ピタッとしたパンツに口ひげで熱唱していて

その様子があまりに強烈だったから

その歌が好き、ということを周りに言えるような雰囲気にならないのでした。

 

この映画のことも、はじめはあゝQUEENの…という程度で

観に行くなんてこれっぽっちも思っていなかった。

 

それでも、お客さまから相次いでこの映画の評判を耳にするうち

じゃあ観てみるかとなり、いざ、観ようとすると席が埋まっていてチケットが買えなかったりで

ようやく、昨日、観ることができたのです。

 

フレディマーキュリーの生きざまを、ほんの少しだけ知ることができ

4人で築き上げたバンドの音楽を、前よりすこし理解できた。

完成度の高い音楽を、会場の大音量で浴び続けたあと

あゝあの頃は音楽が時代をけん引していたんだと懐かしくなる。

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ