logo

「紀寺の家 考」

2019.02.26 Tuesday

写真家の山口明宏さんが撮影された「紀寺の家 考」展が、

銀座松屋で開催されています。

奈良にある廃屋だった町家を建築家の父が蘇らせ、息子さんがそれを宿にしたという紀寺の家。

 

3棟5戸の町家が、どう変わったか。

その様子が写真で表現されていました。

 

玄関の表札は、宿泊者の名字が施され

部屋のしつらえは、古くて新しいもので統一されている。

 

眺めていると

古くなったから、壊れたからと言って

捨てるのは惜しい…という気持ちが芽生えてきます。

 

銀座のにぎわいからすこし外れる7階で、

静かに、この国の手仕事を感じる空間へ。

3月18日(月)まで開催されています。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ