logo

窪美澄著「トリニティ」を読んで。

2019.04.27 Saturday

王様のブランチを見た夫がその書評に心動かされ、

トークショーにでかけたのは先週でした。

おかげでサインが2冊、手に入ったのも幸運し

時間を見つけては自宅で、ソラで、ついに読了いたしました「トリニティ」。

 

戦後生まれの女性が、三者三様、その時代を駆け抜けていく物語。

“激動の昭和”にぴったりの、ジェットコースターみたいな人生が描かれています。

 

想うところはたくさんあって

ここではどれを書くのがいいのか迷うけれど

 

死に様は選べないなあーと、

つぶやくような気持ちになる。

 

そりゃそうです。

死ぬくらい、体力も気力もみんな底にあるとき

かっこつける力だって、もうどこにも残っていないでしょう。

気張って選択してきた人生。

どこかで大きく間違えていたことがあったとしても、

戻れない後ろは決して振り向かず

なにはともあれ歩き続ける。

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ