logo

「銀河で一番静かな革命」を。

2019.05.24 Friday

マヒトゥ・ザ・ピーポーさんの初めての書き下ろし小説「銀河で一番静かな革命」を

読みました。

 

写真を、植本一子さんが撮っていて

ブックデザインをする鈴木成一デザイン室の方が、

「(この本には)植本一子さんの硬い光がいい」と指名したのだそう

まるで、傘を被った侍みたいなマヒトさんが見返しにいる。

 

途中になんども目にする呪文みたいなセンテンスが

おしまいのころにはさざ波のように押し寄せてき

読んでいる間はもちろん、いまも、この物語に心底こころが占領されている。

 

そして、そのことはすこしも嫌じゃない。

 

昨日、朝の電車のなかで読んでいて

ほんとうにもうすぐ終わるところだったので

終点に着いて、ホームの隅っこで立ったまま読みました。

 

読み終わったとき、ひとの疎らな渋谷のホームの静けさに

不思議な感慨をもったのも

この物語のおかげなんだとおもいます。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ