logo

そのあとを生きるため。

2019.05.29 Wednesday

昨夜は、ふとつけた番組に目が釘付けとなり

今朝は腫れた瞼でこうしています。

NHKプロフェッショナル仕事の流儀「納棺師 木村光希」

 

最初にこの仕事を知ったのは、映画「おくりびと」だったでしょうか

亡くなったひとの体を拭いて、化粧を施し棺に納めるまでのこと

それまでまったく気に留めたことがありませんでした。

 

番組では、木村さんの仕事先へカメラが入り、実際にいくつかの場面を

まるでその部屋の壁にでもなったかのような視線で、眺めることとなりました。

亡くなったそのひとを前に、依頼人である家族が、納棺師に促されて最後の別れをする姿

 

“より良い送り方をすることが、人を変え、社会を変えていく”という言葉が胸に響いてまいります。

送るという行為は、そのあとを生きるひとのためにある。

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ