logo

暮しの手帖。

2013.04.03 Wednesday

創刊者の大橋鎮子さんが逝去されました。

その記事を読んだ昨日、古書店で出会ったのが、

「暮しの手帖100号」

 

なんだか、ずしんと心に響いてきます。

 

なかには、心に刻んでおきたいと思える

珠玉の言葉があちこちに連なっていて

これはなんといいものを見つけたものでしょうと

喜んでいるところ。

 

そのなかで、大沸次郎さんのコラム「星の手帖」より

・・・・・

古代のギリシャ人は始終、空の星を見ていて、

動いているから星を生きているものと感じ、

星座という人間やけだものの形を描き出し、

星に宛てはめた。

その気働きや想像力を 進んだ現代の人間は

喪失している。

いつも見ていたら、

もと有った機能が人間に戻ってくるのではないか?

天井の星は美しい。

せめて、そのことだけでも忘れないように

ポケットの手帖に書いて置こうか。

・・・・・

 

これは、1969年秋に発行されました。

星はきっとそのときのままでしょう。

040210

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ