logo

うつくしい物語。

2019.09.26 Thursday

のめり込むようにして読み進めた物語は、なんだろう。

昨日のお客さまとの会話から、

これまで触れてきた文章を思い出してみる

 

記憶とはいかにも適当なもので

なかなかどうして出てこない…

最近のものしか、残っていないのではないかというくらいに

 

それでも

 

ファンタジーが好きになったのは、いしいしんじ著「ぶらんこ乗り」のおかげで

頭に浮かぶ情景がなんとも言えず好きなのは、吉本ばなな著「新婚さん」。

タイトルの意味を、まさに身体の奥底から理解できたのは貫井徳郎著「慟哭」でした。

 

まだまだたくさんのうつくしい物語が

この世界にはあふれている。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ