logo

「あのときかもしれない」

2019.11.09 Saturday

長田弘作「あのときかもしれない」

 

きみはいつおとなになったんだろう。きみはいまはおとなで、子どもじゃない。子どもじゃないけれども、きみだって、もとは一人の子どもだったのだ。…

 

毎日は途切れることなく続いているはずなのに

どこかに境界線があるのかもしれないと思えてきました。

 

決定的に、過去の自分とは決別したときとか

なにか大きく変わった瞬間とか

それは魔法のように一瞬の出来事。

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ