logo

メイク・オーバーということ。

2013.04.16 Tuesday

「メイク・オーバー」

はじめて出会う言葉です。

 

これは、古書店で見つけた「暮しの手帖100号(1969年発行版)」に

桂明子さんが寄せたコラムのタイトルでした。

 

メイク・オーバー=変身

という意味で捉えるのだそう。

当時のアメリカの雑誌では、編集部員がある女性の服装や

ヘアスタイルをすっかり変えて、魅力的にするという企画が

あったという。(今もですね)

 

それについて、桂明子さんはこう締めくくっています。

・・・・・

彼女たちも、日本の女性同様に、

周囲の目とか夫の意見とか色々な

カセがあるに違いない。

この企画は、その束縛をたち切るきっかけを与える、という意味でも

意義があると思う。

その後すぐもとに戻ったとしても、変身の可能性を知ったことは

プラスになる。

家庭にあっても、妻、母はいつも若くて新鮮でありたい。

それは、新しい知識欲にみち、美に対する感受性が強く、

生きることそのものに熱中しているということに

無関係ではないのだから。

・・・・・

(大橋鎮子さんの功績に最大の敬意を。)

040210

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ