logo

詩をよむことなら。

2020.03.10 Tuesday

うつくしい詩を読むことならできる。

ほんの短い間でも、目を閉じて広がる情景や

深呼吸したような清涼感を全身で

 

ヒロイヨミ社 山元伸子さんのおかげで出会えた、うつくしい一篇です。

原民喜という詩人の人生を知らないまま触れて、こころ奪われ。

すこしだけ調べてもう一度読む。

 

****

 

昼は浅いねむりのなかに

身を微かなものと思ひつつ

しばらくは鳥の音も聴かぬ

そよ風の吹く心地して

 

原民喜「四月」

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ