logo

「言葉の護符」

2020.05.03 Sunday

大切な人に何かを届けたいと思うなら

言葉を贈れ

けっして朽ちることのない

言葉を贈れ

人生という荒野で見つけた

言葉の花を贈れ

断崖から

手を突き伸ばして

ようやくつかみとった

一輪の花のような

ただ一つの言葉を贈れ

愛する者には言葉を贈れ

その人を守護する言葉の護符を贈れ

万感の思いを込めた

しかし

無私なる言葉の護符を贈れ

朽ちることなきものを誰かに捧げたいと願うなら

言葉を贈れ

願いを込めた言葉ではなく

祈りに貫かれた言葉を贈れ

愛する者に言葉を贈れ

その人の生を祝福する言葉の護符を贈れ

 

***

 

九州限定の文芸誌「片隅03」に掲載された若松英輔「言葉の護符」

熊本で起きたマグニチュード7.3という地震の後に発行された誌面には、

ゆっくりと徐々に回復していこうとするひとびとの願いを感じることができました。

 

ことしの母の日は、ビデオ通話でことばを贈ろう。

喜怒哀楽も生きてこそ

明けて再会するときに、歓びが倍増している自信あり。

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ