logo

ひとの心を種として。

2013.04.29 Monday

お客さまからのエピソードをきっかけに、

古今和歌集 仮名序に触れることができました。

 

たまには、平安時代の暮らしに思いを馳せるのもいいものです。

ひとの心の機微や抒情、自然を愛しむ心を、

歌に託した いにしえを 想う日。

 

・・・・・

倭歌は、人の心を種として、

よろづの言の葉となぞれりける。

世の中にある人、ことわざ繁きものなれば、

心に、思ふことを、見るもの聞くものにつけて、

言い出せるなり。

花に鳴く鶯、水に住むかはづの声を聞けば、

生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける。

力もいれずして、

天地を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれと思わせ、

男女の仲をもやはらげ、猛き武士の心をも

慰むるは歌なり。

 

古今和歌集 仮名序 角川文庫版より

・・・・・

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ