logo

自らが紡ぎ出した意味の網の中で生きる。

2020.10.06 Tuesday

いま手に取っているのは「急に具合が悪くなる」

哲学者 宮野真生子/人類学者 磯野真穂の往復書簡をまとめた書籍です。

あたらしい企画の打ち合わせでのこと、お互いが読んだ本を紹介し合うなかで

読んでみたいと気になったもの。

 

もし、あなたが重病に罹り、残り僅かの命と言われたら、どのように死と向き合い、人生を歩みますか?もし、あなたが死に向き合う人と出会ったら、あなたはその人と何を語り、どんな関係を築きますか?がんの転移を経験しながら生き抜く哲学者と、臨床現場の調査を積み重ねた人類学者が、死と生、別れと出会い、そして出会いを新たな始まりに変えることを巡り、20年の学問キャリアと互いの人生を賭けて交わした20通の往復書簡。

 

ひとは経験したことしかわからないので、

目の前に死が近づいている自分が果たしてどんな態度をとるのか

気が遠くなるようだったけれど

死は確実にあることだから、やはりどんどん読みました。

 

「人は自らが紡ぎ出した意味の網の中で生きる動物である。(文化人類学者クリフォード・ギアツ 1926-2006)」

 

おふたりの見識溢れる生命の言葉を理解するには、

まだ読み込みが足りないけれど

いくつか心に響く言葉があって

この本に出合えてよかった。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ