logo

「コルシア書店の仲間たち」

2020.12.09 Wednesday

はじめて須賀敦子さんの文章に触れました。

「コルシア書店の仲間たち」

29歳から13年間を過ごしたイタリアでの生活について、遥か30年の時を経てこの文章が生まれています。

 

書くためには、その年月が必要だったのでしょう

とてつもなく大きな影響を及ぼした時期の事柄であればあるほど

自分のなかでもそれを整理するには、多くの時間がかかるのだと感じました。

 

1950年代のイタリア、ミラノで起きていたこと。

そこに暮らすひとびとの感情が、しみじみとした文章で沁みてくる。

 

―私は、パパがユダヤ人だということを、ずっと知らなかったのよ。パパは戦争中、あんまりこわい目にあったものだから、娘にはなにも知らせないことにしたのよ。そのことを私が知ったのも、まったくの偶然だった。ある日、パパがいない食卓で、私がともだちのことを、ユダヤ人のブタが、っていった。そしたら、ママが突然、こわい顔して、ニコレッタ、それはないでしょう。あなたのお父さんはユダヤ人なのよ、って言った。そんな教えかたってないでしょう。ねぇ、そんなひどい教えかたないでしょう。高校生だった私は、世の中が真っ暗になったみたいで、しばらくは、ぼんやりしていた。

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ