logo

「君たちはどう生きるか」

2021.01.16 Saturday

吉野源三郎著「君たちはどう生きるか」を読んでいます。

コミック化されたものが出版され、いま再び注目を集める哲学書。

1937年の言葉が、いまもこころに響くのは、社会科学的な認識を問いているから

 

コペル君の言う世の中は、いまも訪れていないけれど。

コロナ禍は、あっという間にあたりまえを拭い去っていきました

考えることを止めないで、(願わくば)いまできるベストを尽くす

 

―僕は、すべての人がおたがいによい友だちであるような、そういう世の中が来なければいけないと思います。人類は今まで進歩して来たのですから、きっと今にそういう世の中に行きつくだろうと思います。そして僕は、それに役立つような人間になりたいと思います。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ