logo

「たましいの世話」

2021.01.26 Tuesday

『語られざる苦しみ』

 

苦しいことがあったら

いつでも

何でも

いうことにしよう

 

そう

語り合っていたから

ぼくは 君に

何でも話した

 

でも 君がぼくに

苦しい

ということは

なかった

 

苦しくないの と

ある日 だずねると

君は

こういった

 

わたしも苦しい でも

この苦しみをあなたが

背負うとおもうと

もっと苦しい

 

若松英輔著「たましいの世話」より

 

若松英輔さんのあたらしい詩集を読んでいます。

なかでも、この詩がいちばん、おなかの底に届きました。

きっと“わたし”は、心の底から“あなた”のことを愛しているのでしょう。

 

若松英輔著「かなしみの秘儀」を思い返すと、まるで奥さまの言葉のように読めてきます。

―腹水だけでなく、胸にも水がたまり、呼吸すら困難になるときもあった。激しい苦痛がともなっていいるのは明らかだった。しかし、彼女は苦しみを訴えない。夫は「何でも言っていいんだよ。苦しいときはそう言ってね」と話した。すると彼女は、しばらくだまってこう言った。「ありがとう。でもいいの。私が感じていることをそのまま口にしたら、聞いたあなたはきっと、耐えられないとおもうから」(中略)「彼女」とは、五年前に逝った私の妻である。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ