logo

「推し、燃ゆ」

2021.02.15 Monday

芥川賞受賞作、宇佐見りん「推し、燃ゆ」を読みました。

選評も読めるので文藝春秋にて

 

置く間もなく一気に読み進めるぐらいに引き込まれる力があり、

まるで体外離脱したようにあかりの気分に浸ります。

推す、という行為やその心理をすこし分かったような気がし

思春期の生きづらさを、遠い昔に思い出しました。

 

いまだってそんなに広くはないけれど

あの頃の自分は、家と学校がすべてだったから

今思えば、なんて小さな世界で生きていたんだろうと苦笑いしたくなる

 

ひとと違うのは当然だし、比べることに意味なんて無いのにね。

あの時、何をあんなに守っていたんだろうと

振り返る自分があってよかったと思えました。

 

どんな感情も、生きてこそだと思える一冊。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ