logo

「すばらしき世界」

2021.02.16 Tuesday

まず最初に、タイトルがいい。ほんとうに素晴らしい。

決して上から目線で言うつもりはありません。

原案になったノンフィクション、佐木隆三著「身分帳」を読んでこそ

脚本と監督を兼ねた西川美和さんが決めたこのタイトルに、大いに感動しています。

 

そして、記された実在の人物を演じるのが、

役所広司さんというのもほんとうに嬉しいキャスティング。

発表された昨春より、待ちに待った公開でした。

 

出生届も出されないまま施設に預けられ、人生の大半を刑務所で過ごした男、三上正夫を役所広司。

出所した三上の身元引受人となった弁護士に橋爪功、その妻に梶芽衣子。

なにかと世話をやく近所のスーパー店長兼町内会長に六角精児。

誠実に仕事をこなす役所のケースワーカーに北村有起哉。

その半生に目を付けたテレビプロデューサーに長澤まさみ、

手足となって取材する若手のテレビマンに仲野太賀。

 

どのシーンを思い出しても、まるでほんとうの暮らしがそこにあったかのようでした。

三上正夫は、たしかにそのとき生きていた。

憤り、悔しみ、悦びを全身で味わって

 

そしたら虹をみて、あゝやっぱりすばらしき世界だとごちゃまぜになった。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ