logo

「旅する練習」

2021.03.21 Sunday

植本一子さんがTwitterでたびたび上げていた「旅する練習」

芥川賞候補作にもなっていて、先の文藝春秋にある選評を読んでから手に取りました。

ネタばれな選評を恨めしく思いつつ、一子さんの高評価が気になって読みました。

 

サッカー少女と小説家の叔父。ふたりは、利根川沿いに、鹿島アントラーズの本拠地を目指す旅に出る。

 

時は、2020年3月。コロナ報道が始まったころの街を、ひたすら徒歩でいく旅は、

サッカー少女の素直さと、旅で出会った女子大生のやり取りが微笑ましい

 

「この旅のおかげでわかったの、本当に大切なことを見つけて、それに自分を合わせて生きるのって、すっごく楽しい」

帯に引用されたこの言葉の意味は、読み終わるまでわかりませんでした。

鹿島へは、鹿島神宮へ一度だけ訪れたことがあり、記憶のなかの景色をたどりつつ

小説家の叔父が文章で起こすスケッチを感じてみたり

 

このごろ私は、

大切なことを見つけて、それが仕事にならなくても

大切なことがあるだけで、もう十分なんだとおもうようになりました。

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ